忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20130616-R0015850.jpg
美しい山は頂上を踏みたい、というわけで、かねてから登ってみたいと思っていた羊蹄山に行ってきた。北海道というととにかく費用がかかるというイメージがあるかもしれないが、近頃はLCCという便利なものがあり、成田からではあるが、札幌まで5,000~6,000円で飛ぶことができる。ただし、週末の場合に往復使おうとすると土曜夕方の札幌行きと日曜朝の成田行きの便に限られるため、現地で何もすることが出来ない。

今回は土曜の夕方の便で北海道に向かい、友人と会って酒を交わし、翌日に羊蹄山へアタックという行程である。飲みすぎた上に日本代表対ブラジル代表という魅力的なものをやっており、夜更かしをしてしまったが。帰りの飛行機がなぜかことごとく満席となっており、予約できていたのは15時頃の便なので到底羊蹄山に行くのは不可能な状態であった。逐次空き状況を確認してようやく20時半の便を確保。結局宿をチェックアウト最終の10時に出てレンタカーを借りて出発。まずは中山峠へと向かい、眼前に佇む羊蹄山を見てとにかく上るしかないと思う。
20130616-R0015842.jpg

羊蹄山には4つの登山口があり、今回は残雪を懸念して南側、それも札幌や千歳に近い南東の喜茂別を選択した。山と高原地図のコースタイムで往復7時間であるが、4時間強で戻らないと帰りの飛行機に支障が出る。まあやれないことはないだろう、と登り始める。登山口にはクマ目撃注意の貼り紙があったが、羊蹄山は単独峰なのでいないと思っていた。話が違う。雪に閉ざされたシーズンが明けたばかりだからか、人の踏み跡が少なく、藪が繁っている。どこからヒグマに襲撃されてもおかしくない。そして干からびた糞を発見、これは一体…?エゾハルゼミがやかましく鳴いている森には、本州の森にはない緊張感が漂う。
20130616-R0015840.jpg

トレイルは頂上を目指してひたすら上るだけ。結構きついと思って振り返るとかなりの斜度であることに気付く。しかも足元は粘土系の滑りやすい土である。下りは大変だろう。そろそろ森も終わり頂上が近くなったかというところで、雪の激上りが現れる。踏み跡を見る限りトラバースではなく直登である。傾斜もきつく、上れたとしても下るのは非常に厳しいだろう。すぐさまこれは危険と判断して下山を始める。
20130616-R0015811.jpg


かなり下ってきたところで前方からコロコロの体型をした動物がやってくる。薄暗くて顔がはっきり分からなかったが、タヌキのようであるし、クマのような気もする。もし子グマであれば、近くに気が立って攻撃的な母グマがいることを意味する。とりあえず15メートルくらい離れていたが、あっち行けと声を掛けたら回れ右して去っていった。問題は、一本道なので当然のことながら後を追う方向に進まなければ帰れないということである。下りであるが走らず周囲に気をつかって慎重に、咳払いしたり鼻歌を口ずさみながら進む。そして、車を停めた登山口まであとわずかというところでまだ新しい糞を発見する。行きに見た干からびた糞の上である。クマ以外にそれなりのボリュームの糞をする動物がいるのだろうか?襲撃に怯えつつも何とか駐車場に帰還。とにかく北海道にはどこでもヒグマが出るということだ。
20130616-R0015828.jpg

早く汗を流したかったが車を返す時間もあるので、新千歳空港までとりあえず向かい、空港内の万葉の湯に入る。飛行機まで余裕があればこういう施設を使うのもいいだろう。満席の飛行機に揺られて東京に帰る。雪渓に行く手を阻まれ、ヒグマに怯え、何とも苦い経験の北海道での本格トレイルとなった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [362]  [363]  [361]  [360]  [359]  [358
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]