忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月のレースに出場予定の神流町のネタが出ていたので引用。

 「65歳以上7割」の町 25年後、誰が支える
mainichi.jp/select/wadai/news/20100718k0000m040127000c.html

山間部の集落はどこも同じような問題を抱えているのであろう。都市という圧倒的多数の前にこういった土地の少数派切り捨てられ、消えていくのか。都市に住む者はこういったことに対して他人事ではなく、関心を持たねばならないし、こうした状況に対して責任を感じるべきである。エコという言葉が氾濫し、エコグッズを買い集めることがさも素晴らしいかのように思う都市の人間は、こうした自然と共生してきた集落の存在を知らないのだろう。そもそも、自然と共生した暮らしは、日本の原点であり、環境問題が語られる中で一番大事なことだと思う。

地元一体で昨年大成功したと聞く神流のレースには大いに期待しているが、このレースもいつまで続けられるのか。所詮は年一回のレースで町の状況が大きく好転するとは思えない。継続的に人を呼び込めるような仕掛けが必要である。ただ、それはかつて全国のあちらこちらで行われたリゾート開発ではない。行政のハコモノばかりが非難されているが、民間のリゾート開発も上手くいっていないものが多数ある。現に、不釣合いな洋館の建つ神流のゴルフ場は廃墟である。テーマパークとならないように町の伝統に根ざした魅力をアピールしていかねばならない。トレイルランニングを文化にという思想とこの町の町興しはかなりマッチすると思うが、本当にそれが形になるには年一回のよそ者が集まるレースだけではなく、各集落の伝統とも融合していかねばならないと思う。具体的な提言はまだできないが。

えらそうなことばかり述べてきたが、神流町はダイナミックな山と清流という財産があるのでそれなりに衰退しつつも、必ず生き残るであろうと思う。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[20]  [19]  [18]  [16]  [15]  [14]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]