忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20130513-R0015667.jpg
レース翌日の朝の飛行機でポルトガルのリスボンへと飛ぶ。レースのバタバタでリスボンのホテルをまだ予約していなかったので空港に向かう前に慌てて予約する。最終日の帰国便も朝早いため空港から近くて料金が手頃なところがいいが、なかなか見当たらなかったため一泊くらい仕方ないかとやや贅沢と思いつつ4☆クラスを予約。ラパルマ島はカナリア諸島の中でもメインの島ではないため、グランカナリア島かテネリフェ島に出ないと飛行機の本数も少ない。行きのドイツからの直行便は運良く乗れたが、週に何本も運行されているわけではない。朝食は期待できないだろうと思い、空港のカフェでサンドイッチを食べ、コーヒーを飲む。横にいた英語で会話している人をどこかで見た事があると思ったらAdam Campbellだった。サロモンのウェアを着たもう一人と一緒に食事をしていた。昨年のUTMF後のサロモンのイベントで神宮外苑を走りながら横で色々と会話したり、図々しく声を掛けようとも思ったが、人違いがあるとイヤなのと何よりレースについてあまり話したくない状況だったので声は掛けず。同じグランカナリア島行きの飛行機だったため、ゲートへ向かう途中で下りエスカレーター逆行して一生懸命上ろうとしているのを目撃してツッコミを入れた程度である。なお、飛行機内のドリンクサービスを頼むのにワーラーワーラーというおなじみの絶叫が聞こえて来たので間違いない。
20130512-R0015556.jpg

プロペラ機で50分ほどでグランカナリア島へ到着。ここでリスボン行きの飛行機に乗継ぐが少々時間があったのと、乗継ぎ階へ行くエレベータが数人しか乗れない仕様ですごく待ちそうだったので一旦外に出る。ターミナルの外もぶらぶらしながら時間をつぶす。さすがに2時間弱のトランジットではタクシー拾って街まで、とまでは言えないが。空港の売店の雑誌コーナーでスペインのトレイル雑誌Trailを発見する。最後の一冊で誰かの指紋がついているのは気になったが、セキュリティゲートの内側で帰るという保証はないのでとりあえず€5で購入。やや小振りのサイズだが非常に装丁がよく、レイアウトも見やすいよくまとまっている雑誌である。3月にグランカナリア島で行われたTrans Gran Canariaの特集が中心だったが、ウェアやギアのページも非常に見やすい。ゲート前でカナリア諸島名産品のお土産を買ったり、バーガーキングを食したりしつつ、リスボン行きの飛行機に乗り込む。予想に反して機内食の提供があったため食事をしたのは失敗だった。
20130512-R0015572.jpg

リスボンに15時頃に到着、飛行機から白い壁と赤い屋根の美しい街並みが見渡せる。とりあえず地下鉄で一本でホテルに行きチェックイン。地下鉄に乗ってる中でリスボン在住の知り合いがいたことを思い出したが、あまりにも気付くタイミングが遅過ぎたし、翌朝には帰国のため連絡するのはやめておいた。ホテルは2013年オープンということでまだ新しくてきれいなホテルである。5000〜6000円くらいで済ませたい所であるが、空港に近く、地下鉄一本、wifiが無料という条件で10000円くらいだったので一泊する分には不満はない。
20130513-R0015621.jpg

既に16時近くなっていたので海の方へと向かい、観光へ向かう。あれだけレース中は脚が痛くてたまらなかったのに坂が多いリスボンの街を歩き回るのもそれほど苦にならない。ガイドブックもないのでわずかに知っているキーワード、サンジョルジェ城を目指そうということになる。ヨーロッパの日曜日、露骨なくらい歩いているのは旅行好きのアメリカ人ばかりで店は閉ざされている。空いているのも観光客狙いの商売だけである。路面電車が坂道をおかまい無しに走るリスボンの街の丘の上にサンジョルジェ城はある。城からは街を見渡せるビュースポットとなっている。久々に持ち歩いていたスケッチブックにスケッチをしたりとしながら夕暮れ時の街を眺める。街へと下りる途中にTrip Advisor Certificateなどという、食べログ高評価の証明のような紙が貼ったレストランが気になりつつも混んでいたので下まで下りる。結局観光客狙いのレストランが並んだ一角で客引きに掴まり、その中ではマシそうな所で、wifiが使える所を選んで魚料理を食べる。リスボンといえばファドということで、lonely planetで事前にピックアップしていたが、翌朝早く出発ということもあるし、そもそもファドについてよく知らないので止めておいた。
20130513-R0015581.jpg

ホテルに戻り、買ってあったSagresビールを飲もうとしたが、疲れからか途中まで飲みながら寝てしまった。Sagresビールは味に期待をしていた訳ではなく、あちこちに旅行に出掛けるようなきっかけの一つでもある、『深夜特急』の作中に出てくるからである。今回のラパルマ島行きにあたり、7月までのパスポートを10年ぶりに更新したが、ぶらぶらと旅するようになり10年経ってSagreビールに辿り着いたのは感慨深い。と思って購入したものの味はもはや記憶無し。朝7時15分の飛行機なので6時前にホテルの前でタクシーを拾い空港へと向かう。フランクフルトで乗継ぎ日本への帰国便はエアバスのA380だったが4人シートで他に誰もいなかったのでゆったりとくつろぐことができた。超弾丸日程で早朝の出発を繰り返していたため、行きも帰りも時差ぼけになることもなく、成田に朝着いた日の午後から会社で平然と仕事に戻る。肝心のレースで結果が残せなかった上に、観光をろくにすることもできないスケジュールの遠征であったが、結果を出せなかったことについては反省するとともに、海外レース参加の楽しさを再認識した旅にもなった。特に、町の盛り上がりが印象的であった。
20130513-R0015693.jpg

20130513-R0015651.jpg

20130513-R0015625.jpg

20130513-R0015669.jpg

20130513-R0015674.jpg
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
海外遠征おつかれさまでした。レースのゴールゲートの様子はLIVEで見ていました。キリアンがゴールね。それにしても町のもりあがりかたがはんぱではなかったです。

Twitterをやられていた時はリアルタイムの写真とか楽しみにしていたのですが、それがなくて残念でした。Twitterは便利だけれど時間も食うしねえ。

野辺山はDNSだったんですか。私は2年ぶりに出場しました。今年は例年より500人ぐらい(?)増えたようです。
しらちゃん URL 2013/05/22(Wed)23:04:20 編集
Re:無題
しらちゃん様

昨年の映像の盛り上がりを見て衝撃を受けたのが行こうと思ったきっかけですが、映像以上に盛り上がりっぷりは凄かったです。地元ラパルマ島と、カナリア諸島の他の島から参加の人が大多数ということもあるかもしれません。UTMBは行ったことないのでどっちが盛り上がってるとかは分かりません
今回はバタバタしてたし、Wifiが有料の場所が多かったのでtwitterもつぶやけるタイミングほとんどなかったと思いますよ(笑)
野辺山は週明けまでで手がついてない仕事があったのでやめました。電車で行くのも厳しいし、駐車場も遠くなりましたからね。500人増えたら2,000人近く出走ですか…
【2013/05/24 08:19】
[363]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]