忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20130510-R0015376.jpg
ラパルマ島へは東京→ミュンヘン→デュッセルドルフ→サンタクルスデラパルマのルートで飛行機を乗り継いだ。後々で予算についてもまとめるが、GW後で飛行機が安い、ということもあり12万のヨーロッパ往復に加えて2万強ずつのラパルマ島in-outである。安い時期、といいながら安くない出費なのは重々承知している。サーチャージと税で60,000円程度かかる時代であるから込みの価格で9万程度で行けたらかなりラッキーだろう。

20130510-R0015351.jpg
今回はルフトハンザ航空だったため、機内でドイツビールが飲め、さらにワインもあるというのがうれしい。ミュンヘンを経由してデュッセルドルフでは一泊、空港近くのホテルを適当に押さえたが、Wifiが有料のためネットが使えないのは誤算だった。ラパルマ島行きの飛行機は朝6時過ぎ、1時間前に空港に行くためにはホテル4時半発、つまりは3時半起きである。時差ボケで朝早く目が覚めるので助かった。

20130510-R0015359.jpg
デュッセルドルフからラパルマ島までは4時間半くらいのフライト、ルフトハンザと同じドイツの航空会社、エアベルリンを利用したが、こちらはEU内のフライトでアルコール提供無し。ドイツから西欧をポルトガルまで横切ってカナリア諸島へ向かうルートを飛行する。割と長いフライトなので、通常であればトイレに席を立ちやすい通路側の席を選ぶがあえて景色が見えることを期待して窓側の席を選ぶ。途中までは雲しか見えなかったがスペイン本土あたりから雲がきれ、残雪の山並みや丘の上に並ぶ無数の風力発電が見える。ポルトガルを過ぎてしばらく海の上を飛んだ後で、ラパルマ島の全貌が見えてきた。島の海岸線と平行に飛んでからUターンする形で空港へ着陸したので、島の様子もよく分かる。ついに到着、期待と不安を感じつつラパルマ島、別名isla bonitaへと降り立った。
20130510-R0015368.jpg
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]