忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日の試走時の写真をアップする。天気がいまいちだったので眺望を楽しむことはできなかったが、走るのには最適な日であった。神流の山のふかふかのトレイルはまさに「癒し」のトレイルである。何度でも訪れたい魅力のある場所、それが神流町である。

R0012292.JPG
西みかぼの山頂。この山域には所々に信仰の山であることを示す像や社などがある。

R0012294.JPG
西みかぼ山頂からの眺め。ガスがかかるあいにくの天気であったが、晴れていれば眺望は最高。眼下に見えのは洋館が昭和レトロの町に不釣合いなゴルフ場の廃墟。

R0012297.JPG
西みかぼ山頂に上がるところ。ややわかりにくいが、左から来て手前へ進み、反時計回りに頂上を折り返して戻ってきて奥へと進む。

R0012301.JPG
みかぼスーパー林道沿いでは併走するトレイルを細切れで出入りしながら進む。トレイルの入り口は標識で明記されている。


R0012310.JPG
併走する林道を横切っていく自動車を一瞬クマでも動いたのかと思いビビる。

R0012311.JPG
林道と交互なのは残念であるが、トレイルはふかふかの極上のトレイル。

R0012321.JPG
コース最高地点、杖植峠から持倉集落へのトレイル。最高に気持ちがいい。

R0012331.JPG
山の縁に張り付くように家が並ぶ天空の里、持倉集落。典型的な限界集落の一つである。神流町には法久集落など、他にもこのような場所がある。平家の落人の隠れ里という説もある800年以上もの歴史をもつ集落であるが、今は8世帯12人のみが居住する。いかに大会が盛り上がろうとも時の流れは止まらない。この集落が再生するには既に遅く、来る消滅の時へと向けて針が進む。やがて住民がいなくなるとき、この集落の時は止まる。人々の記憶から失われるとき、この地にかつて里が存在していたという事実は何の意味をもつだろう。他人事だと思ってただ通り過ぎることが許されるのだろうか。

R0012338.JPG
集落を横切りコースは続いていく。ロード・ダブルトラックが長く続くがやがて10km地点を過ぎトレイルに入るとゴールは近い。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [63]  [64]  [62]  [61]  [60
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]