忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20130309-DSC_2124.jpg
松崎町に着いて、受付をして前夜祭に出て、町の中をぶらぶらしてから宿に着いたのが16時半。同宿の方はまだ着いていない。東京からのアクセスバスは予想通り渋滞にはまり、かなり遅れているようだし、車で修善寺へと向かっている人たちも一向に到着しそうにない。夕食が18時からと言われて中途半端だったが、少し出掛ける事にした。レース前日であるが、シューズも4日前に買ったばかりのSalmon Sense Mantraで走ると決めていたのでそのテストもしておきたかった。隣の集落の石部温泉まではロードを走り、そこから三浦歩道へと入る。海まで山が突き出し、その懐に温泉集落がある西伊豆の海岸線において、山を越えてショートカットする形で集落を結ぶトレイルの一つである。

以前訪れた南伊豆歩道同様に、やや脆くなっているトレイルであったが、通行には問題ない。展望台から景色を眺めつつ、また国道に下りて少し行くと雲見の集落がある。その中でも海の近くで、これぞ烏帽子と主張しているのが雲見浅間である。17時20分近くになっていて、日もほぼ沈みかかっていたが、ひたすら続く石段を上り、さらに登山道を上って頂上へ着く。といっても200mに満たない山なのでそれほど時間はかからずに上れる。頂上にてトレイルランナー2、3名とすれ違う。すぽるちばのメンバーも登ると聞いていたし、やはり同じような事を皆考えているのだろうか。何とか夕日に間に合ったのか、でも黄砂の影響で霞んでしまっている。頂上からの眺めはなかなか素晴らしく、西伊豆の美しい海、海岸線、点在集落を見渡すことができる。

一通り写真を撮ってから下山、18時ちょっと過ぎで路線バスが来る3分前だったので余裕と思っていたら、バスが近づいてくるのが見えた。慌ててバス停へと向かって走ると、そのバスが停まってくれる。雲見まで松崎からレース参加者を乗せてきた帰りだったようだが、ランナーである旨を伝えると宿泊先の岩地温泉まで無料で乗せてくれた。前泊地となる集落が松崎から離れているため、一旦荷物を置いてから再び松崎へ移動という参加者はほぼいないようだ。またまた自分一人で大型バスに乗ることになる。

20130309-DSC_2103.jpg

宿泊先に戻ると、相部屋の人が一人来ていてお風呂に入っているところだった。汗をかいたばかりなので、夕食前であったが、同じくお風呂に入る事にした。出て来た所でさらにもう一人を加え3人で食事。海の幸が主体のボリューム感たっぷりの食事を存分に堪能する。他の2人はロングのトレイルレースの経験はまだなく、75kmの距離は未知の領域ということだった。周りに100km、100mile、200k、200mileという超ロングレースに出ている人が何人もいるとついつい忘れてしまいがちだが、ロングというのはやはり異質なものなのか。今回は宿泊申込のタイミングを逃したりして、結局一人で申し込んでいた。しかし相部屋であるからこそ、色々な人と出会って視野を広げるきっかけになる。

夕食後、さらにもう一人の相部屋の方が到着。こちらの方は以前OSJのセミナーでご一緒した方だった。何と奇遇なことだろうか。朝3時50分に宿を出ると言われていたので21時過ぎには就寝モードへと入る。それでも3時に起きなければいけない。睡眠時間が短い日が続いていたので若干の不安を抱えつつ眠りについた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]