忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20130421-DSC_2359.jpg

朝4時に起きて5時にホテルを出るつもりが、起きたら5時半。平尾台のレースはスタートが7時と早いので出走すら危ぶまれる。さすがに九州までやって来てDNSはないので、急いで準備して出発する。会場には6時半過ぎに到着。一番の懸念であった駐車場にはスムーズに入れ、トイレも問題なく済ませる。石川さんのレースは人数を制限しているのでこういうところでストレスを感じないのがいい。
20130421-DSC_2323.jpg

5分前にスタートラインに並び、何とかDNSは回避。テーピングを貼ってる時間がないなど決して万全ではないが、楽しむレースなのでなくても問題ない。スタート直後から飲みすぎの影響で気持ち悪く、ペースはスローとならざるを得ない。流れに乗る形で10キロまではスムーズに通過する。スタート時は雨が止んでいたが、雲行きが怪しくなり始め、小雨もぱらつく。ノースリーブ短パンなので天候の悪化は致命的である。
20130421-DSC_2324.jpg

平尾台のカルストセクションが終わり、昭和池周回セクションへと進む所で激下りが泥のスキー場となっていた。粘土質の足元はよく滑り止まれない。派手に尻餅をついて気分も凹む。手も泥で汚れて補給食を食べるのも嫌になる状況だったが次のエイドでスタッフがキッチンペーパーと水をくれたのがうれしかった。昭和池周回からカルストに戻るまでの10キロ以上の区間は林道主体で、ヤビツ峠の上りと比べても勾配は大して変わらないが、ハムストリングが攣りそうで走れない。大した上りでもないのに1ヶ月走らなかった代償か。
20130421-DSC_2345.jpg

ほぼ歩きで後続に数えきれないくらいパスされてカルストセクションへと戻る。ここからは上って下っての繰返し。脚が終了していたが、この最後の区間は景色が最高だった。いつの間にか青空になっていた空の下で、スイスのレースを思い出す美しい光景が広がる。下りでガンガン飛ばしながら少しでも挽回とペースを上げる。
20130421-DSC_2348.jpg

終盤10キロ近く前後してた人をラスト800メートルくらいでかわし、このままゴールと思ったら。抜き返そうという足音が聞こえてくる。ペース上げると脚が悲鳴を上げそうだが、ラスト100メートルでダッシュをして相手の心を折り、もう抜かれまいと思ったが、それ以上のダッシュで3メートル手前で抜かれる。詰めが甘かった。タイムは6時間すら届いてない、苦々しい結果だったが。
20130421-DSC_2353.jpg

帰りは福岡空港の向かいのスーパー銭湯で汗と泥を流して帰る。UTMF前ということもあり、関東からの参加者は少なく、ローカル色が濃い大会になっていたが、素晴らしい景色のレース、また来年もしくは他の季節に訪れたいと思った。ただし、次回はカルストセクションだけで構成されるショートの部にするかもしれない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]