忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東京マラソンの受付のついでにMMA(Mountain Martial Arts)の展示会に行って来た。MMAはトレイルランカルチャー普及のために心折れ部の発起人エディさんとTシャツ製作請負人(本人はこんなレッテルを貼られるのを嫌がってるかもしれないが)ひつじさんの2名が中心となって行っているアクティビティである。彼らはトレラン経験が浅いながら、わずか1年余りでトレラン好きの集まりとして発足しただけのはずの心折れ部という存在を大きく広め、さらに色々なチームへとTシャツを供給することで、トレイルレースシーンにチームTシャツを着た集団をいくつも見るきっかけを作ったという功績もある。

正直、この短期間でそんなに大したものが準備できるとは思っていなかったし、展示会の招待を受けた知り合いの社交辞令としてTシャツ一枚申し込めばいいかくらいの気持ちでいた。しかし、会場に並ぶ多数のアイテムを見てそれが大きな間違いであることを気付かされる。大変失礼いたしました。On/Offをコンセプトにカジュアルからレースまで、目的別に作られていて、しかもデザインのクオリティが高い。アウトドアメーカーのつくる製品は機能性を最大限に優先しているためか、デザインについて考えられているとは思えない製品が多い。というか考えていないメーカーが多い。MMAのコンセプトである、一般ランナーとしての視点から自分が着たいものをつくる、ということが形になっているため、メーカーよりもある意味ではユーザーのニーズに合うものが出てくる。

メーカーと比べて彼らは価格競争力でも劣るはずだが、今回の展示会で展示されていたものに関しては決して割高な感じはしない。MMAという選択肢が加わった事は大きな意味をもつ。今後、どこまで製品が展開されて行くのか分からないが、割高感のある商品を平然と売りつけて殿様商売をしてきたメーカーが本気を出すような影響を与えて欲しいところだ。なお、知り合いがやっているからということで、手放しで褒めている訳ではなく、ロゴが複数あったりとコンセプトの一貫性に疑問を感じる部分もある。とはいえ、そんなものは今後の展開次第でどうとでもなるので是非とも軌道に乗って欲しいところだ。

結局この展示会では、腐るほど持っているTシャツではなく、山行きの前後に着ていけるパーカーとランニング用のパンツを発注。いつ届くか楽しみでならない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]