忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高い山に行く際はUVケアには特に気を使う必要がある。中途半端な日焼け止めや、UVカットウェアの着用はひどい結果になるので気をつけるべきである。
先月のOSJキャンプとおんたけスカイレースで変な日焼けの跡が腕にできてしまった。富士山に登った際には、ノースリーブにアームカバーという格好だったので、上腕部だけ日焼けをした。普通半袖Tシャツを着た人が2の腕から下が焼けるのと逆である。さらに、おんたけスカイレースでは富士登山時と同様にノースリーブとアームカバーだったが、御嶽山山頂が20℃を超えるような暑い日だったため、アームカバーを下ろしてリストバンドのような状態にしていた。そのため、手首から12cm程度のところに日焼けの境界線ができている。結果として手首かた方までの間が現在3色のトリコロールになっている。上腕部は半袖シャツを着ている限りあまり目立つことはないが、手首の方は非常に目立ち、いろいろな人からいちいち突っ込まれる。文字を書くとき、パソコンを打つとき、何気なく腕に目が行くので一番気にしているのは本人だというのに。ちなみにひざにはニューハレ焼けがあるが、こちらは1日経ってそう目立たなくなったし、そもそも会社では露出することが有り得ないので特に問題ない。
記憶は定かではないが、アームカバーにUVカット効果があるとはいえ、日焼け止めは腕にも一応塗っていたように思う。3000mを超す高い山、また走って汗を掻いたことでほとんど日焼け止め効果がなかったようである。こまめに塗れば違うのかもしれないが、レース等で走っているとなかなかそれは難しい。一方で、くっきりと境界線をつくる結果となったアームカバーのUVカット効果はすばらしい。アームカバーを着用するなら、ノースリーブではなく半袖にするなど、対策にムラが生じないことが肝心である。
海水浴場は8月で終わりとのことだが、どこかの海で焼いてリセットしないといけないかな…

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]