忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

例によって神流のレース結果(ロングの部)のヒストグラムを作成してみた。典型的な正規分布型で平均と中央値もほぼ一致という健全なレース結果。5時間を切った人は相当速い人だろう。しかし、そこからもトップまでは1時間以上の差があり、3時間台のトップは凄すぎる。サブフォー並みのペースで累積高低2800mを駆け抜けているわけである。多分上り区間ですごい勢いで現れて消えていった横山・松本ペアもほぼ同じペースの走りだと思うが、周囲の人よりは圧倒的に速いが、上りのキツイ区間だったので歩きも織り交ぜていた。そうした区間も含めて平均するとサブフォーになるのだから驚異的なペースである。ちなみに今回のレースでは怒涛の勢いで迫る横山・松本ペアとの距離を確認しようとした際に岩場で転倒。真後ろに迫られるまでは前と足元を気にしていたほうがいいか。

kanna_fig.png

神流で今年の3大目標レースが終わった。道志村・おんたけスカイ・神流といういずれも40km級のレースを今年は走ったわけだが、来年はより距離を延ばして100km超級への挑戦をテーマとしたい。しかし、今年の40kmレースでのペース配分のできてなさを考えれば、100km以上の長距離をしっかりとゴールまでたどり着くにはまだまだ課題が山積である。
・道志村は前半で激しく転倒し、その後大腿四頭筋を使いきり、失速
・おんたけスカイは捻挫直後の足首が怖くてガレ場をノロノロ、暑さで最後のロードは歩く
・神流は序盤でふくらはぎとハムが攣り大失速
おんたけスカイで足首のケガがあったことで逆に筋肉へのダメージがなかったというのがある意味皮肉である。結局のところ40kmのレースであれば失速していても貯金でゴールできているが、100kmのレースではそこからさらに倍以上の距離があり、序盤でダメージがあると関門アウトもしくはリタイアとなる可能性が高い。先日の信越五岳のときも序盤飛ばした人と体力温存していた人で終盤のペースは露骨に違っていた。そもそもLSDも含め、トレーニングでの最長距離は28km程度で30kmにも満たないのでもっと走行距離を延ばす必要がある。少なくともレース距離の半分以上を走ったことがないと非常に厳しいだろう。
ただし、レースの出すぎとオーバートレーニングで痛い目に遭っている人も多いみたいなので欲張りすぎず地道にやっていくことが一番大事だと思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[92]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]