忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

つくばマラソンに参加。結果は4時間18分くらい。コンディショニングのミスで途中足が止まった。どんなに悪くても4時間をオーバーすることはないと思っていたので情けない。別に狙っていたレースではないので結果はあまり関係ないが、途中で心が折れて歩いたことが情けなくてリタイアも真剣に考えた。いずれにしろ2ヵ月後の湘南国際に向けて課題がたくさんある。最低でも湘南国際はサブ3.5でクリアしたいが、かなり真剣にトレーニングをしないと今日の二の舞だろう。

朝は早めに起きたが出るのにもたついて結局当初予定の朝7時発のTXでつくばへ向かう。会場には街中を歩いて向かう。つくばの街を歩くのは今回が初めて。過去2回は車だったので駅周辺には寄っていないし、目的地まで直で向かったので気づかなかったが、非常に殺伐としてにぎわいとは縁遠い街である。モータリゼーション前夜に何もなかった土地に線を引いて形成された都市に共通の特徴である。インドのチャンディーガルやブラジリアによく似ている。スーパーブロックを基本とした車のスケールで都市が作られている。(それでも前者は圧倒的な人口に基づくパワーでその計画を飲み込みつつあるが。)つくばの場合も例に漏れず、広大な敷地に真ん中にぽつんと建つ建物、そしてモニュメンタルな建造物などが目に付き、ヒューマンスケールとはほど遠い。帰りがけにつくばセンタービルを見に行ったが、ポストモダン批判の矢面に立たされて色々と曰くのあるビルといっても、この都市のコンテクストでは何を作ってもこれ以上のものができたかというとあやしい。

会場には1時間前くらいにつき、着替えてアップしたらスタート15分ぐらい前になっていた。スタート前、トイレに行こうとしたら長蛇の列で3分前まで粘ったがとても間に合いそうになかったのであきらめてスタート地点に向かう。近くの建物から走って出てくる人を目撃し、これはと思ったら空いているトイレだったので安心して用を足す。1分前に出走位置に向かおうとしたら既にスタートラインへの誘導が始まっていた。何とかスタートには間に合った。

10kmまではキロ5分のイーブンペース、かなり後方のEブロックからのスタートだったので快調に抜かしまくる。その後は5分10~20秒で他のランナーに抜かれることの方が多くなるものの粘りながら走った。3時間40分くらいでゴールできるかなという調子だった。しかし、ここでおなかに違和感を感じはめることになる。気のせいと思って走っていたが、ついに17km過ぎたあたりで我慢ができなくなり、スピードを落とさざるを得なくなり、一気にキロ6分半くらいにペースダウン。もはやトイレはまだかということで頭が一杯。
そして19kmの関門のトイレに入る。ここで5分ほどロスして出発。目標もサブフォーを死守すればいいやという程度に切り替えて中間点通過が1時間57分くらい。トイレに関するロスを除けば1年前に走ったハーフと同様のペースなのでまずまずといったところだが、トイレで急に止まり立ち往生したのが効いたのか22kmあたりから足が動かなくなり、歩き始める。24kmあたりでサブフォーのフィニッシュペーサーに抜かれるも心が折れていてまったく着いていく気にすらならない。ここから30kmあたりまでが今日一番つらいところだった。途中リタイア収容バスを見かけたときには非常に乗りたい誘惑に駆られた。
気がつけばトイレに行く前に周りを走っていた人たちとはレベルが明らかに違うような人しか周りにいない。マラソン大会の場合、先頭から後ろにかけて、おもしろいほどレベルと服装や雰囲気に差がある。服装や脚を中心とした体の肉付きからも大体のその人の走力は見ることができるが、列の中の位置によって露骨なまでに異なる。周りがそういう人ばかりである以上、自分のレベルはこの程度かと思うと悲しくてしかたないような状況だったが、そういった事実も受け止めなくてはならない。歩きまくっていたので彼らにもがんがん抜かれたが、走ると軽く抜き去ることができる。30kmから先はキロ5分40秒くらいで1キロ走って、ちょっと歩いての繰り返しだった。結局ラスト5キロくらいはラストスパートができるかと思っていたのに、最終的なスパートは残り600mほどになってから。最後の直線は心拍数をこの日のmax187まで上げてダッシュ。ここだけでかなり抜いたと思う。順位が5555位に惜しくも200人くらい届かなかったので、無駄なラストスパートはしない方がよかったかもしれない。

途中で腹が痛くなると言うのは完全にコンディション調整のミスである。基本的にインフルエンザなどどうしようもない感染症をのぞいて体調管理は実力のうちである。今回はそれができてなかったということ。それ以上に問題なのが思ったようなペースで走れなくて心が折れたこと。歩くと時間だけが過ぎていき、キロ6分より遅く走っている人にもどんどん差をつけられてしまう。そうなった原因は絶対的なトレーニング不足によるところが大きい。湘南国際で無様な姿を繰り返さないように、これからトレーニングの質と量を上げていかなければならない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[100]  [99]  [98]  [97]  [95]  [94]  [93]  [92]  [90]  [89]  [88
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]