忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週末はケガの療養中のため運動できないのでゆめのしま24時間リレーマラソンの応援に行った。夢の島の運動公園と周囲の1.3kmをひたすらぐるぐる回るコース。やはり個人戦よりもリレーの人の方が多いのか、ペースは結構速い。ちょうど13時スタートの17時過ぎくらいに見に行ったときは6時間の部が並行して行われている所で、色々な種目のランナーが混じっているのでペースにも違いがある。

24時間個人の部でエントリーしているのはウルトラ、トレイル系のニオイがする人ばかりである。長時間のレースに慣れていないと到底24時間や12時間もやってられないだろう。チームで盛り上がっている人が多数の中、個人で黙々とストイックに走り続ける精神力は賞賛に値する。

結局顔出してすぐ帰る予定が3時間近くいて6時間の部のゴール、12時間の部のスタートを見届けることになる。参加された皆さん大変お疲れ様でした。個人の部に出るモチは理解できないが、チームで出ると非常に楽しいと思った。個人出走された方には本当に頭が下がるばかりである。

昨夜エントリー開始した湘南国際マラソンはこれまた盛大なお祭りの中、今朝には締切。実行委員長を務める河野太郎代議士が出たいと努力する人が出やすい先着順で日曜の夜にエントリー開始だから問題ないだろうという発言をしている。確かにエントリー開始時刻は多くの人がアクセス可能な時間なのでいい設定だと思う。しかし、大会に出るために努力した人が報われるべきという発言は賛同しかねる。というか大会に出るための努力ってなんだろうと思う。何としても出たい大会にはランネットに張り付いてエントリーするという人は多いし、自分も先着順という現状ではそうせざるを得ないが、正直なところそんなところで無駄なエネルギーは遣いたくない。努力は速く走るためにするものであって、大会の申込のためにするものではないと思う。

今回は、湘南国際3日後の神流を見据えているためまったくお祭りに参加する気はなかったが、この大盛況ぶりを見るともうじき行われるつくばマラソンのエントリーも心配である。開通前のただ一度のお祭りとして行われる新東名マラソンが秋のマラソンの中では最大の注目であるが、こちらは抽選ということも考慮するとつくばにもエントリーの予定でいる。初のフルマラソンとして参加して痛い目に遭った上に、殺風景でポストモダニズムの遺構のような、全く好きになれないつくばの街に再び行くのはイマイチな感じはするが、アクセスの手頃さは捨て難い。

奥久慈で負ったケガも抜糸が済みかなり改善してきたようなのでそろそろ始動しないといけない。まずは富士登山競走へ向けてスピード練である。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]