忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20110806-IMGP0001.jpg

友人たちと富士山を登りに行った。結局のところ御殿場口から富士山頂を目指すも降りしきる雨に心折れて7合目で引き返した。頂上までの距離が最長となる御殿場口コースでは7合目までが最も長くダルい道なので、頂上まであと一息というところで引き返したことは残念ではあるが、リスクと登頂後のリターンを考えれば妥当な決断だったと思う。今回は山の経験が大してないメンバー、悪天候・夜間行動の装備・体力といったこともあるし、登頂してもガスの中では辛いだけ。トレーニング目的の登山ではなかったので。7合目までとはいえ、御殿場コースの場合1700メートルくらい5合目から標高差もあるので冨士宮口や河口湖口の5合目から上るのと比べて距離も標高もあったと思う。

前日から既に富士山近辺は雨の予報があったので決行の是非の議論はしていた。しかもその2日前のスイムでふくらはぎの肉離れをやってしまっていたので今後のことを考えると中止も十分あり得る状況である。しかし、せっかくだから行ける所まで行こうという結論に達した。朝の御殿場線で国府津を出発してからちょっとのときには頂上付近にうす雲が1つあるものの綺麗に頂上まで見えていたので大丈夫かな、という感じだった。しかし、御殿場駅で集合を待っているときにいつの間にか富士山方面が黒い雲に覆われていた。イヤな感じではあるが、多少の雨に降られるのは仕方ない。

4人だとタクシーでも5000円強と大してバス(1080円)と料金が変わらないので8時10分5合目行きのバスに乗る予定を変更し、準備をしっかりしてからタクシーで向かう。5合目付近は下界と天上界の雲の隙間にいたのか雨は降っていなかった。二子山を眺めながら30分も上らないうちに雨が降り始める。大したことないと思っていたら割と本格的に降ってきたので先行きは不安になる。次郎坊の手前でペースにも差が出ていたので早くも引き上げたい気分になる。さらに5合目駐車場で会ったトレランの人も早々に断念して降りてくる。御殿場コースの場合、7合目まで一切小屋がない(6合目は今年閉鎖中)ので他のメンバーは雨にも関わらず行く気満々だったのでとりあえずは続行することに。

7合目まであと少しのところで視界の範囲でカミナリが落ちて肝が冷える。とにかく急いで7合目山小屋の日の出館へと向かう。しかし、まさかの富士登山駅伝で一杯ということで山小屋内での休憩を断られ軒先で豪雨の中休むことになる。雷情報によると須走口近辺に多数落ちているが、一つだけ御殿場口コースに近いところに落ちたものもあり、それが先ほどビビったものなのだろう。山小屋のオジさんと少々会話して結局頂上へ向かおうということになる。そしてものの5分で引き返し。また雨が強くなってきたからである。登頂という目的以上に頂上で南アルプスに沈む夕日を見るという野望があったため、叶わないなら行くのも微妙ということで一致。

下りは宝永山の火口と頂上を経由して下る。初めて大砂走りを体験。昨年須走から往復したときにも下山堂をミスコースして砂走りを通っていないのでこういうところ自体初めてである。スキー場を彷彿とさせる斜面をざくざくしながら走り下りて行く。しかし、スキーのゲレンデよりも圧倒的に広いスケール感がすばらしい。6合目あたりから5合目は雲の隙間で丹沢や箱根、愛鷹山などが雲海から顔を見せているのを見渡せ景色が良かった。ただ荷物が重かったのと砂で走るのにやや不快な部分もあったが。晴れ渡った日(御殿場側でどれだけ期待できるかは微妙だが)に海へと向かって7合目から一気に大砂走りを駆け下りるのはどんなに気持ちがいいだろう。。。

5合目駐車場手前の大石茶屋で早くもビールで乾杯をしてから17時の御殿場口最終バスで御殿場市内に戻る。18時半頃、御殿場市内からの富士山は雲が高いところまでかかりつつも頂上が見えていたので今頃あそこにいるはずだったのか、ちゃんと頂上で夕日も見れたなとか悪態をつきつつ、焼肉を食べながら反省会。個人的にも消化不良の感はあり、次回はトレランスタイルでのリベンジを誓う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[190]  [189]  [188]  [187]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [177
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]