忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

R0012881.jpg
武田の杜のスノートレランのつづき。トレイルレースで使われるコースは甲府市街地北の山の麓の武田神社をスタートして山の中腹を縁に沿って点在する園地を結ぶハイキングコースを走り、その後鳥獣センター(18km地点)から健康の森に上り、その中をぐるぐるしてゴールという30kmの距離。甲府市外と甲府盆地を眼下に見下ろすことができ、全般的に眺めのいいコース。スタート地点の武田神社にはバスもあるが、駅から2kmほどの距離でアップを兼ねてジョグでも十分な距離である。積雪とミスコースに時間をとられ全コース行くことはできなかったが、駅からそのまま走りにいけるコースなのでいつでも気軽に来ることができる。また今度気候が良くなったら来てみたい。beye_takeda.jpg
GPSログをGoogle Earthにプロットした鳥瞰画像。(クリックで拡大)第一関門までは基本的に山の中腹を巻いていくコース。コース最高点の要害山のみ尾根を進む。

今回、大きいミスコースは1回、小さいものは2回、その他正しいルート上にいるか不安になることは多数。小さいものはスタートしてすぐの躑躅(つつじ)が崎園地の縁を通って要害山(コース最高点)に向かうところで、園地の方に行ってしまいその先で行き先が分からずウロウロしたもの、もう一回は小松山園地付近でコースから逸れて園地に向かう道に入ってしまったもの、正しいルートが雪に埋もれた階段で見落としていた。これ以外にも突然標識が大きくコース外の地名しかなくなって焦って地図を何度か見返したりはしたが、雪山とはいえ遭難の不安はほとんどなかった。コース最高点要害山までは案内板があまりないが、そこから先は基本的には園地ごとに案内図があるし、きれいな標識も多数あった。第一関門の鳥獣センターまでは要害山の所だけ直登と尾根道があるが、それ以外は基本的に甲府市・甲府盆地の眺めが良い中腹の巻き道なので、それさえ理解していれば道迷いはあり得ないだろう。
R0012869.jpg
武田神社で安全祈願。神社の背後の山は通常神様のおわします聖域。トレランは聖域に土足で踏み入れているということは心の隅に入れておくべき。まあここは山の神様ってわけではないかもしれないが。

R0012876.jpg
森の入り口。手前から来てここは左へ上る。コース中には各園地付近に地図つきのこのような看板がある。

R0012920.jpg
左側はキケン!らしい…

大きなミスコースは要害山から下りて古湯坊まで出てきたところで、間違えてコース外の山への登山道に入ってしまったもの。古湯坊でロードに出てから少し下ってこの日唯一見かけた「武田の杜トレラン」の標識に従いトレイルに入るべきところを、ロードに出てすぐの「登山道」の標識の方へ行ってしまった。高低図では要害山から第一関門の鳥獣センターまでずっと下り基調なのに、要害山より高いところまで行く直登の登山道だった。当然のことながらすぐミスコースに気づいたがレースの試走に来たわけではないのでそのまま上って回り道すればコースに復帰できるかと思い引き返さなかった。雪による倒木が多数あるやっかいな道を登り切った上のロードに民家があり、たまたまそこの住人の方がガレージの所にいらっしゃったので道を尋ねたところ、どうもコースから見当違いの方向へと登ってきたようで、引き返すしかないことが分かった。下りるときは自分の踏み跡をひたすらトレースするだけなので上りと比べると実にスムーズ。
R0012927.jpg
手前から来て、ここは左、、、と見せかけて右。木がしなってるせいで左への標識に見える。しかし、そもそもこの道自体がミスコースでやってきたコースの背後の山への直登ルート…

R0012929.jpg
ミスコースしたポイントをちょっと下ったところにこの日唯一見かけた「武田の杜トレラン」の標識が…

結局第一関門の鳥獣センターに着いたのが15時半で武田神社を10時にスタートしてから5時間半が経過していた。レースだったら制限時間3時間半なので笑っちゃうほどのタイムオーバー。ここから先へ向かう際も間違えて鳥獣センターの中に入ってしまい、市街地へと向かう県道に下りてしまった。駅までこのまま帰りたい誘惑が襲ってきたが、やっぱりもう少し進もうと思い、先へ行こうとした。しかし、甲府を18時台に出る列車でも帰りが比較的遅くなること、雪が降りはじめて寒くなっていること、十分なライトは持っているがナイトスノートレイルは厄介であることを勘案し、300メートルくらい雪道を登ったところでUターン。あくまでもレースの試走に来たわけではなく、スノートレランを楽しみに来たわけだからそういう意味での目的は十分達成できている。駅までゆっくりと走っても信号待ち等含め30分ほど。鳥獣センターに展示されている里山の鳥獣を見ていかなかったのが心残り…。最後は温泉は行ってほうとうと鳥もつ煮を食べて終了。
R0012956.jpg
鳥獣センターからの下山は眼下の甲府市街中ほどの甲府駅まで4kmほど。30分かからないし、バスもあるようだ。(本数は少ないかもしれないが)

R0012957.jpg
締めはほうとうと鳥もつ煮とビール。やっぱり地方トレイルに行くときはビールが飲めるので車より公共交通機関がいいね。

初見のコースで積雪ということもあり時間を大きく取られてしまったが、このコース自体は非常に走りやすいと思う。キツイ部分も序盤の要害山への上りと、引き返すことになった第一関門先の上りくらいだがそれほど距離があるわけでもない。石川さんの設定するコースは走りやすいのが特徴である。この甲府市の裏山のコースは走りやすい上に駅からのアクセスもいい。唯一、気軽にとは言えない交通費(片道2000円+特急券)の捻出がネックではあるが、高尾や丹沢(往復1500円以下)と比べるとかなり高いとはいえ、奥多摩まで行ってバスに乗るのと比べると特段高かったり時間がかかるわけではない。この連休の最終日は各高速道路とも渋滞がひどかったようだが、電車ならその心配もない。そもそも、こんなに中心駅からトレイルに近い県庁所在地の都市ってないのでは?と思う。わざわざ甲府まで出てきたら日帰りよりも一泊してゆっくりしていくのがベストではあるが。また暖かくなったら訪れたいものである。やっぱり桃の季節か。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
またまた大雪
武田の杜スノートレイルお疲れ様でした。「新雪」&「ほうとう」&「鳥もつ」で山梨を満喫しましたね。
昨日は快晴でしたが、只今またまた大雪となっています。
LSD URL 2011/02/14(Mon)20:05:19 編集
Re:またまた大雪
LSDさま

武田の杜は走りやすいし、甲府市街地のすぐ見えるコースなので雪でも遭難の危険性なく安心できるコースでした。(ミスコースして全然違う方向へ山登りしてしまいましたが)
東京でも今夜は大雪でひどいことになっています。朝の予報では傘は小さい折りたたみで充分とのことだったのですが。平日に降られてしまうとさすがに通勤をはじめ、色々とわずらわしいことが多いです。先週末はタイミングよく降ってラッキーだったと思います。

>武田の杜スノートレイルお疲れ様でした。「新雪」&「ほうとう」&「鳥もつ」で山梨を満喫しましたね。
>昨日は快晴でしたが、只今またまた大雪となっています。
【2011/02/15 00:39】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]