忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日に引き続き4キロの朝ジョグ。手ぶらだったのでタイムを取らなかったが、かなりゆったりだったことだけは分かる。筋肉痛はハムの深い部分に残っている物の他はだいたい回復。どうやら体が速く走ろうとすることを拒んでいるようだ。まあそもそも全力で走っても大して速くないが。

そういう中で、速く走る、ということについてよくよく考えてみたところ、それだけがランニングの全てではなく、もっと色々な楽しみ方を見つけていかないといけないと思った。

フルマラソンがキツいのは言うまでもなくタイムを求めて限界まで追い込んで走るからである。もちろん自分で目標を設定して、それを達成するために努力すること、それはすばらしいことだし日常生活にもフィードバックでき役立つことではある。しかし、速く走れたからといって、そのこと自体は周囲からの尊敬を集めることはできてもそれ以上のものがあるのか。速くなっていくプロセスでは色々と実りがあるだろうが。

日頃時間に追われてい生活している中で、速く走るということを意識して休日にまで時間と闘いながら走るということが虚しい気がしてきた。そしてランニングが原因で故障をかかえてしまったらなおさらである。気ままに走り、疲れたら歩く。そしてレースでは涼しい顔で笑ってゴールする。もっと心地よいランニングもあるのではないか。ただ速く走るだけがランニングではない。

湘南国際の結果には大いに不満があるのでもちろんフルマラソンにもリベンジしたいし、それに向けてトレーニングを計画的に行う必要はある。しかし、今思うのはもっと肩の力を抜いて気楽にやった方がいいな、ということである。こういう考えをもつようになったのも自然の中を走るトレイルランニングの影響が強くあると思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
何度もコメントすみません。自分も周囲からの情報に感化されてタイムとか高機能ウェア/ギアに必要以上に執着しそうになることがあります。高価な高機能タイツなんてはかないで必要最小限の装備で涼しい顔でゴールしたいものです。
清宮 2011/02/03(Thu)16:51:52 編集
Re:無題
ギアは抑えるべきところ(防寒・防水など命に関わる部分)を抑えていれば後は好みの問題だと思います。特に一秒でも削りたいということがないかぎり。楽しむことが一番だと思います。
ただ、着圧の高機能タイツは翌日履くと明らかに回復具合はちがいますよ(笑)
>何度もコメントすみません。自分も周囲からの情報に感化されてタイムとか高機能ウェア/ギアに必要以上に執着しそうになることがあります。高価な高機能タイツなんてはかないで必要最小限の装備で涼しい顔でゴールしたいものです。
【2011/02/04 01:01】
無題
お返事ありがとうございます。そういえば石川弘樹氏も著書でコンプレッションタイツをリカバリーアイテムとして使っていると述べていました。タイツを今後のレース後にはいてみます。
清宮 2011/02/04(Fri)05:10:30 編集
Re:無題
清宮さま

高いですがぜひお試しを。ちなみに石川さんは見栄えの問題から走るときには履きたくないようで(笑)
>お返事ありがとうございます。そういえば石川弘樹氏も著書でコンプレッションタイツをリカバリーアイテムとして使っていると述べていました。タイツを今後のレース後にはいてみます。
【2011/02/04 19:17】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[128]  [127]  [126]  [125]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]