忍者ブログ
トレイルラン関係を中心に日々の出来事や思ったことを書き連ねて行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仕事が忙しかった時期に平日全く走らなくなったサボリ癖が尾を引いて気がつけば東京マラソンまであと3週間。フロストバイトの惨敗を見ても、フルマラソンを気持ちよく走れるような状況でないことは明白だが、付け焼き刃でも何かやるしかない、ということでヤビツ峠に行って来た。本当は早朝に家を出て長い距離で、もっと他のコースに行きたいという気持ちもあったが、結局起きた時間も遅く、山に行くには中途半端な状況。悶々としつつ、昼過ぎに家を出てヤビツへ。電車の接続が悪かったりで秦野着が15時半くらい。これではすぐに日が暮れるのは明らか。しかし、来た以上は行くしかない。

アップも兼ねてゆるくジョグで名古木まで行き、246を渡ったところからスタート。2キロと行かずに腹が痛くなりコンビニのトイレに駆け込む。こんなんで大丈夫だろうか。。。秦野駅から名古木交差点に向かう所に下りがある以外は上りオンリーのコース。体が重く、脚が全然進まない。キロ7分ほどで進んで蓑毛を通り過ぎいよいよ峠道へ。蓑毛手前の上りが一番斜度があったようで、山道ながら斜度はそれほどきつくない中をダラダラと上る。思ったより遠いという印象があったが菜の花台に到着して、夕暮れ前の秦野の街を眺める。大山から見る伊勢原の眺めより雄大で、こちらの方が好みである。駐車場の先にはさざえ堂もびっくりの2重螺旋の展望台もあった。

また走り始めて、相変わらずだらだらと進みようやく峠へ到着。峠付近は路肩に結構雪が残っている。日が沈み暗くなって来たし寒いので長居はせず、ライトの準備をして復路をスタート。ここからは来た道を戻ってひたすら下るルート。途中で道の先の夕闇の空に見えた富士山が印象的だった。さすがに下りはペースが早く、上りと比べてかなり早く途中のポイントを通過する。とはいえ、キロ5分〜5分半程度だったようで、それほど速く走れていない。蓑毛まで下りてからはライトを消して時折ある街灯の明かりを頼りに進む。これが結構くせ者で、舗装の起伏がよく判らなかったりして足元が心もとない。名古木まで下りてからは秦野駅までダウンジョグ。

名古木から24km、秦野駅からだと27km、途中から暗くなったのでどういうペースで走ればいいのかもよく判らなかったし、2本目以降こそ真のトレーニングになるという点では、とりあえず行っただけにすぎないが、今回は道を覚えただけでもよしとしよう。宮ヶ瀬湖まで抜けると片道30km、また山の中腹に張り巡らされた林道もあり、こういったものも組み込みつつ次回は明るいうちに来たいと思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314
プロフィール
HN:
hh*
性別:
男性
メールフォーム
つぶやき
カテゴリー
バーコード
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[06/24 しらちゃん]
[11/25 NONAME]
[10/10 しらちゃん]
[07/24 25¢]
[07/11 しらちゃん]
忍者ブログ [PR]